コンビニ経営のこれまで
マネージャー

コンビニと言えば、今では私達の生活にとって欠かせないお店です。
都会だけでなくあらゆる田舎に店舗を広げ、スーパーはなくともコンビにはあると言う地域も増えました。
1980年代以前はコンビニと言えば「深夜スーパー」の位置づけでしたが、現在ではスーパーから差別化された魅力を持っています。

また、かつてのコンビニは独立経営のお店も多かったものですが、最近ではフランチャイズ・チェーン店がその大半を占めています。
フランチャイズとはお店を経営するビジネスモデルの一つです。
各経営者が会社を立ち上げたいと思った場合、フランチャイズに加盟する事で既に存在している企業のチェーン店を立ち上げる事ができるのです。
これにより、加盟者は企業の名称、イメージロゴ、商品などを手に入れる事ができます。
またフランチャイズに加盟すれば各企業から経営のバックアップを得る事ができ、お店を立ち上げたは良いものの経営ノウハウがないと言った方には特に優れたシステムでもあります。
現在コンビニ市場と言えば、大手コンビニエンスストアが群雄割拠しており、独立経営の企業が参入して伸し上がるのはほぼ不可能と言って良い状況です。
コンビニフランチャイズの大きなメリットと言えば、こうした既に人気を博している大手コンビニの店舗を立ち上げる事ができる点にあります。
お客様を呼び込む上で企業のブランドイメージはとても大切です。
ブランドイメージを確立するには良い商品を売り、独自のサービスを提供しなければなりません。
そのようにして安定した顧客を掴むには長い年月と高コストが必要になります。
フランチャイズへの加盟は、このように店舗を経営する上で初期にかかる費用や手間ひまが抑えられるメリットもあるのです。
フランチャイズに加盟する場合、多くの企業において加盟料が必要になります。
メリットを思えば高価なものではありませんが、企業によってかかる費用は変わりますので、よく調べた上で加盟するようにしましょう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031